キャッシング 申し込みをしても断られる理由とは

キャッシング 申し込みをしても、なぜキャッシング成立とならないことがあるのか?疑問に思ったことはありませんか?

キャッシング 申し込みをしたけれど・・・

キャッシング審査をしたものの、審査通過ができずにキャッシングが成立しなかった・・・
こんな経験をお持ちの方、もしくはその状態で悩んでいる方もいると思います。
では、なぜキャッシングの申し込みをしたのに、借りられないのか?

それにはいくつかの理由があります。

1:「対面与信」で断られるケース
対面与信とは、簡単に言ってしまえば直接利用者と担当者が会って判断することです。
勤務先や年収といった書面にかかれたプロフィールのみだと、顧客の信用を判断することができないのです。
そのため、直接会って相手の表情や言葉など、人格を正確に把握するために行います。

これでも駄目だったケースはありませんか?

2:年齢で出断られるケース
借入契約可能な年齢を、高校生を除く18歳以上の社会人としている消費者金融機関が殆どです。
やはりお金を貸す以上、年齢から収入を判断しなければなりません。

3:勤続年数で断られるケース
多くの消費者金融やクレジットカード会社が、勤続年数は最低1年以上という規定を設けています。
結構仕事を変えたりしていると、信用度が低くなってしまいます。

4:雇用形態で断られるケース
職業によっては、離職率が高く、収入が不安定、電話連絡がとりづらいなどがあります。
そういった職業に該当する場合、審査通過がならないことが殆どです。

5:年収で断られるケース
年収は高いほうが有利です。
しかし、この属性がもっとも確認がとりづらい要素なんですよね。

この他にも基準となるものがたくさんあります。
これらのどれかひとつでも、信頼に値しないと審査がおりないのが自然なのです。

キャッシング 申し込みで審査が通過しやすい会社とは?

とはいっても、私は元業界人です。
もちろん、審査がとおりやすいキャッシング会社を知っています。
そこでキャッシングにお悩みの皆さんは、ランキングのキャッシング会社を検討してみてください。
どれも審査が通りやすく、実績と信頼のある会社ですから安心して利用できますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キャッシング 申し込みをしても断られる理由とは
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]