キャッシングの金利について

キャッシングの金利は重要な判断材料ですよね?そこでキャッシングの金利を徹底解剖します。

キャッシングの金利について

皆さんがもっともキャッシングを利用するにあたって気になるのが、
金利がどれくらいになるか?ではないでしょうか。

実は金利の計算はどなたでもできます。
多くの方が、とっても難し計算方法から成り立っているのではないかと誤解されます。
しかし、金利の計算は、至ってシンプルです。
次の式にあてはめて計算すれば、OKなんです。

金利=借入残高×実質年率÷年間日数(365日)×返済までの日数

例にしてみますと、
50万円を実質年率18%で30日間借りた場合
・500,000円×18%÷365日×30日=8,219円

となります。
ですから、キャッシング会社を選ぶ際は金利をみて、安いところを選ぶというのが最適です。
ご自身で計算できれば、安心感が違いますしね。

キャッシングの金利方式には種類がある?

キャッシングにはさまざまな種類の金利方式があります。

1:アドオン方式
この方式は、単純な計算で返済額を計算できる、金利計算方法の1つ。
元金均等返済が主流だったころにアメリカから導入されました。
しかし現在では、実質年利のみの表示が義務づけられているため、あまり見かけません。

アドオン方式の計算方法
【元金×アドオン年率=総支払金利額】

2:元金均等返済
元金均等返済とは、元金を返済回数で割り、その割った金額に毎回の利息を足した額を返済する方法です。
支払回数に応じて毎月の支払額が減っていく仕組みになっています。

・初回時
【毎月返済額】=【借入金額(元金)】÷【支払い回数】
【支払利息】=【借入金額(元金)】×【実質年率(%)】÷【365日】×【30日】
【借入残高】=【借入金額(元金)】-【毎月返済額(金利含)】

・2回目以降
【支払利息】=【借入残高】×【実質年率(%)】÷【365日】×【30日】
【借入残高】=【借入金額(元金)】-【毎月返済額(金利含)】

このほかにもたくさん方式がありますが、
今のキャッシング会社はサイト上で簡単に金利計算ができるツールが用意されています。
ですから、まずはランキングのキャッシング会社を参考にしてください
どれも金利がわかりやすくなっていて、不安が取り除けますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キャッシングの金利について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]