通夜の費用でお困りですか?

通夜の費用をまったく支払えない状態になっているなら、いい方法があるのでご紹介します。

通夜の費用は数万円は必要になる

急な出費が続いてしまい、突然の通夜になってしまった・・・。
主催者にもかかわらず、通夜の費用が支払えないあなた。
大丈夫です、今からでも通夜の費用をすぐに確保できる方法があります。

まずは通夜の費用がどれくらいかかるかをご覧下さい。

棺一式 5万円位、ドライアイス1回あたり1万円位、骨壷一式 1万円位、遺体運搬費(1~2回)で1回につき 2万~3万円位、火葬料は公営ですと0円~1万円位、民間ですと5万円位、火葬中待合室使用料が公営ですと0円ですが、民間ですと2万位となっています。その他、通夜ぶるまいの席で1人あたり2000円位の食事を用意することになります。(ビール代も別途数本必要)
香典返しの金額相場は一般的にいただいた香典金額の半額相当の品物を目安としてお返しをされる方が多いため、「半返し」と言われてます。金額にして、一人あたり1500円~15000円位となります。
斎場の仲居に5000円位、事務員に3000円位を用意し、さらに企画・運営会社に段取りを依頼した場合はその費用だけで5万~10万円必要です。

少なくとも数万円の通夜費用が必要になるわけですが、
私が知る方法を活用すれば、今すぐに数万円の通夜費用を用意して問題を解決できます。
まずは通夜の費用を安くする方法を考えていきましょう。

通夜の費用を少しでも安くするには?

少しでも通夜の費用を安くしたいなら、まずはお客様のご要望からうまれたシンプルな葬儀【小さなお葬式】 を活用してみてください。
あなたの予算に応じて安全に葬式を行うことができるので心強い味方になってくれます。
香典返しの品物を豊富な種類の中から安く選べる香典返し専門店【お返しナビ】 がおすすめです。
ちなみに、納骨堂を探しているなら、関東なら四谷にある東福院。位牌の後ろに骨壷を納骨する
「直接参拝式の納骨堂」でおひとり30万円~。永代供養墓 6種類・永代使用墓 2種類があります。
、関西なら納骨堂なら【東大阪の本光寺】 がいいと思います。

他にもさまざまな業者が存在しますが、紹介した業者はとても信頼できるところです。
信頼と実績が違うので、間違いのない通夜になることでしょう。

さあ、残るは今すぐ通夜の費用を用意することです。
今からあなたに今すぐ通夜の費用を確保できる方法をご紹介したいと思います。

通夜の費用を今すぐ確保する方法

通夜の費用を確保することは難しいことではありません。
即日キャッシングを利用すれば、今すぐ通夜の費用を用意することができます。
通常の貸付ではすぐお金を借りることができないどころか、審査に落ちて借りられないこともあります。

即日キャッシングなら、通夜の費用を用意できて無事に通夜を主催することができます。
家族、親戚、そして亡くなられた方の友人、知人のことも思い、
確かな通夜にしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 通夜の費用でお困りですか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]